スポンサーリンク

北海道神宮茶屋でえぞシマリスのフロランタン(菓子工房 美好屋)と焼きたて福かしわ


北海道神宮の境内に、2019年9月1日にオープンした神宮茶屋です。茶屋内で販売されているお菓子のラインナップは、時期によっても少しずつ変わっていますね。


北海道内の自然豊かな場所では、時々かわいいエゾシマリスに出会うことがありますが、そんなエゾシマリスをモチーフにしたお菓子が、神宮茶屋で販売されていました。


えぞシマリスのフロランタン(140円(税込))です。製造は西区二十四軒に本店のある、菓子工房美好屋。最中好きの私としては、目が輝く瞬間です(笑)。お菓子は同じですが、パッケージは春夏秋冬の4種類ありました。


なんとなく春と秋を選んでみました。


左が春(梅と桜)、右が秋(どんぐりと栗)です。


エゾシマリスをモチーフにした、最中の皮です。かわいい最中の皮ゲット!


台紙とお菓子が直接触れないように、台紙はさらに袋に入っていました。台紙にはエゾシマリスの紹介が書かれており、4種類で内容が違っていたようです。夏と秋も買えば良かったですね。


えぞシマリスのフロランタンの原材料。


重さはどちらも17g。


100gあたり552kcalなので、1個17gは 93.84kcal。


エゾシマリスの最中生地は片面だけで、そこにスライスアーモンドとクルミが柔らかいキャラメルでからめられて、詰まっています。サクッと香ばしく、甘くて美味しいです。


久しぶりに来たら、焼きたて福かしわも出ていたんですね。ソフトクリームは、2年前から30円アップされていました。


焼きたて福かしわ(250円(税込))。焼きたてなので、表面がカリサクッとして、薄くてやわらかいサブレでした。

以下は、これまで出会ったもなかのライブラリーです。

あきあじ
ひめます
自動車
めんよう
鈴の音
ピーナッツ
力士
ツヨシモナカ
ユキオツヨシモナカ
こぐま
クマの形
切腹最中
鶴
酉
起上りもなか
戌
くまさんのチョコ最中
くるみ最中
出汁之介もなか
猫もなか
イノシシ
子年くるみ最中
年輪
くじら
北の大地の水族館 オショロコマ・ヤマメのもなか
日月もなか
干支最中 丑
えぞシマリスのフロランタン
お米のサブレ なまはげのおくりもの

 

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました