スポンサーリンク

しろくまにっき 3629 待ち時間はラッコのリラとスイカの皮皿で食べるデナリ


壁の隙間から、いろいろな情報を掴んでいるリラ。鼻が濡れていたりすると、鼻をかんだりして、ちゃんとニオイを嗅ごうと集中しているのがわかります。
(2020年7月20日(月)の日記です)


デナリはワンコ座りで周囲を見回しながら、飼育員さんが来るのを待っています。


今日は午前中にスイカをもらった様子のデナリ。デナリは歯が少ないため大きな皮は食べずに残します。小さいと一緒に食べてしまうこともあります。今日は残していたので、スイカをもらったのだとわかりました。ララは皮まで食べてしまうので、食べている現場を見ない限りはわかりません。午後からは、その残した皮をお皿に、ペレットが給餌されていました。


ララにはいつもの、ホッケとニンジン。


リラのバブル。リラは給餌の時間になるまで、少し水浴タイムです。ラッコで漂ってました。


飼育員さんは、元キャンディが暮らしていた獣舎のプールチェックの立ち会いです。どうやらプールに水漏れがあるようで、どうするのか検討中のようです。


こちらのプールの水漏れは大丈夫そう。


さあリラのごはんタイムです。気温が高くなってきたため、屋外給餌は控える傾向です。
暑い中、放飼場で餌を探させる事は、ホッキョクグマにとって負担になると配慮されているためです。


アザラシプールには、適宜、氷が投入されています。すぐに解けてしまいますが、少しでも水温が下がればという配慮。日除けが設置されるまで、せめてもの気持ちでしょうか。


極寒の時には、氷から顔を出すくらいのゴマフアザラシなので、氷が嫌いというわけではないと思うのですが、今のタイミングで、浮遊する透明な氷を入れられるのは、どうやら嫌なようで、陸に退避してしまいます。特にその反応を大きく見せるのが、国内最高齢、37歳のおじいちゃんアザラシ、エフです。


昨日(2020年7月19日(日))、植樹贈呈式が行われ、芝生面に新たにマツが植樹されました。園内の緑化のため、札幌トヨペットから、アカエゾマツ、トドマツ、イヌエンジュの苗木の寄付があったそうです。

待ち時間はラッコでクールダウンのホッキョクグマ【リラ】スイカの皮がお皿の【デナリ】氷は苦手?なアザラシ【エフ】Polar Bears & Seals Life

午後の様子です。リラがラッコで漂う姿を、屋上から見ることが出来ました。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました