スポンサーリンク

アムールトラのソーンの成長 4歳で父になる


かわいい仔虎に会ったのは、5年前のこと。赤ちゃんのトラを見るのは初めてだったので、本当に嬉しかったことを思い出します。写真は、2016年4月8日に、旭山動物園で生まれたアムールトラの赤ちゃん「ソーン(オス)」です。2019年3月19日、2歳11ヶ月の時に浜松市動物園に移動し、今では4児のお父さん。動物の成長は早いですね。


左は生後2ヶ月のソーン。右は4歳のソーン。


こちらは1歳のソーン。最初の1年で、ほぼ見た目成獣な感じに成長しますね。


ソーンが旭山動物園で生まれた頃は、アムールトラの「のん」や、隣にはライオンの「ライラ」「レイラ」が居たことも、時代を感じます。


2019年7月に浜松に訪問した際には、何往復も水堀を泳ぐ姿を見て、驚きました。アムールトラがこんなにも泳ぎが得意とは。


たくさん泳いだから、もう上がるだろうと思ったら、少し休憩をしただけで、再び飛び込んでいきました。野生下では、川や湖も泳いで渡ることもあるそうですから納得です。

ようやく水堀からあがったソーン。筋肉モリモリのスイマーな出で立ち。

ソーンは
2016年4月8日 旭山動物園生まれ 父キリル、母ザリア 同腹兄妹ナージャ(現釧路市動物園在住)
2019年3月19日  浜松市動物園へ移動
2020年4月15日 ソーンとペアのローラが3頭出産するも、怪我などで8月23日までに全頭が死亡
2021年2月17日 ローラが4頭を出産。今回は全頭無事で生育中。
公開に向けて、現在屋外訓練中だそうです。

ソーンは今年の誕生日で5歳になったばかりですが、4歳の時にお父さんになったのですね。キリルとザリアの孫たちにも会ってみたいです。

赤ちゃんから父になるまでアムールトラの成長 深い水堀を泳ぎながら声が出るのが聞こえます Amur Tiger swims in the water moat

動画は、旭山動物園時代から、浜松市動物園で暮らすソーンの様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました