スポンサーリンク

しろくまにっき 3637 デナリの純粋な気持ちが表れる行動


今日はホッキョクグマ館プールの清掃、注水が行われるため、リラは終日非展示となりました。プール清掃は半日くらいで終わりますが、注水に時間がかかるため、展示再開は翌日のお昼頃からになります。ホッキョクグマ館のアザラシ、旧世界の熊館で暮らすデナリとララは通常展示です。
(2020年7月30日(木)の日記です)


プール清掃が終わり、注水中のホッキョクグマ館。


張り紙。


中二階のガラス下。プール内の水を循環させる出水口が並んでいます。普段見られない箇所が、水を抜いた状態なら見えるところもあります。


ララは屋内で給餌がありました。


デナリは檻側でもらい、食後には少し枝を咥えていました。その時見えたデナリの上前歯は、まだ健在でした。


堀に下りていくデナリ。思い出したかのように、一直線に向かった場所は・・・


堀の一番隅。水抜き穴周辺についた藻を手でこすり取ったり、舐めてみたり。少し舐めたら、戻っていきました。時々緑成分を欲するようです。


飼育員さんがヤンマーに乗って乾草の束を運んできました。乾草は、ゾウの餌になったり、冬場の草食動物たちの餌になったり、敷き藁に使われたりと、用途はいろいろ。


世界の熊館内に運ばれれば、当然もらえるのか?とデナリは高揚してきます。いつものように足取りは少し早くなり、首の振りも軽やかになります。


しかし残念、もらえませんでした。ええっ!?な感じのデナリ。どんな気持ちなのか、立ち去りホッキョクグマ館へ向かう担当さんの姿を、見えなくなるまで、ずっと、ずっと見ていたデナリ。どの道を通り、どこで姿が消えるのか、どこからならそれが見えるのか、デナリはしっかりわかっています。デナリに限らず、多くの動物たちは把握していると思います。

姿が見えなくなるまで飼育員さんを見送るホッキョクグマの純粋さが胸を打つ Polar Bears Life

そんな午後の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました