スポンサーリンク

しろくまにっき 3563 アザラシプール水換え


この冬は除雪された雪道を歩くララ。札幌は、この数日で再び積雪量が増し、雪の壁が高くなりました。
(2020年2月19日(水)の日記です)


見事な雪景色。来園者も少なめです。


よく歩いていたララ。


ホッキョクグマ館の放飼場にもたっぷりの雪。晴れたり曇ったり、大雪になったりと、天気はコロコロ変わります。


リラの足がすっぽり埋まるほどの積雪量。


前日からアザラシプールの水が抜かれ、今日は清掃と水換えが行われる予定でした。予想以上に積雪があり、低温となり、清掃は危険を伴うと判断されたようで、大掛かりな清掃はなく、水を入れ替えるのみとなりました。アザラシプールは、アザラシの頭数が多いせいか?濾過機能が追いつかないのか?ホッキョクグマプールよりも濁るスピードが早く、悩ましい問題を抱えているようにも見られます。


大雪の時間、リラはいつものコースを長く歩いていました。


午後からプールに入り、23分程度遊んでいました。牛骨や丸太を使ったり、ダイブを繰り返したり、雪面を駆け回ったり、短時間でも内容はハード系です。


疲れたのか少し休憩。


おなかが空いてくると、飼育員さん待ち。


デナリも往復歩きする時間がありました。


檻の中で給餌があり、休み始めました。カラスは餌場の残飼を突いています。

華麗なジャンプと前転 ホッキョクグマの床運動 Polar Bear Jump and forward turn on snow

今日の様子です。雪深い中を走り回ったり、ジャンプの後の前転も見どころです。松の木の上にカラスがいるか、ちらちら気にしているので、松の木アタックもしたかったのでしょう。短めでしたが、やっぱり楽しいリラまつりです。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました