スポンサーリンク

しろくまにっき 3472 水中でこっそり


蹴伸びをするホッキョクグマの姿が美しい。特にリラは、水中で自在に泳いでいるように見えます。先日もらったカエデの枝は、まだいくつか残っており、リラの遊びアイテムになっていました。やはり素で遊ぶより、何か手元にあったほうがバリエーションは広がるでしょう。
(2019年10月17日(木)の日記です)


時々、アザラシに枝を見せつつ、ガラス際を往復するリラ。


突然動きが止まり、水中トンネルの上でじっとしていました。たま〜に見られる場面です。(おしっこタイム)
陸に上がるのが面倒だったのか?間に合わなかったのか?
ララやデナリでは見たことがありませんが、していることもあるでしょうね。


枝を持ったままラッコ。


四肢を駆使して遊びます。


芝生の上でスリスリタイム。


ホッキョクグマ館では、今年の紅葉の見頃は10月中旬でした。


ホッキョクグマ館入り口前には、2頭のホッキョクグマのモニュメントが立っていますが、一部に破損が見つかり、今日は補修工事が行われていました。

水中でこっそり・・のリラ 突然ハイテンションで飛び魚のように Polar Bears Life

今日のリラの遊びの様子です。徐々にテンションが上がってきたのか、壁を蹴ってはトビウオのようにジャンプしていました。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました