スポンサーリンク

しろくまにっき 3679 遠くの人を判別するリラとプールで遊ぶデナリ


デナリがホッキョクグマ館にいた時は、まだ人工素材の玩具は解禁されていない時期でしたが、深いプールでもこんな風に遊ぶことがあるでしょうか。今のプールは浅くても、慣れた環境なので、それなりに楽しんでいるように見えます。
(2020年9月18日(金)の日記です)


ガス管は被るのがお約束。


いつものコースを歩いていると、遠くで飼育員さんが歩いてくるのが見えました。リラはすぐにその存在に気づきましたが、ホッキョクグマの担当者ではないとわかったようで、屋内に向かうことなく、再び歩き始めました。


ゆっくりとプールに入るリラ。


プールに沈んでいた牛骨2つを持ちながら、遊び始めました。


閉園が近くなった頃、ガラス前で休み始めたリラ。プールの浅瀬にあった、大きめの枝を引き揚げてから、休憩時間のお供にします。樹皮めくりは、暇つぶしには好都合。


ララは出入り口前の段差に前足を置いて休みます。


アザラシたちのトレーニングを兼ねた給餌の最中に、歯ブラシを口内に当てている項目も増えていました。虫歯にはならないそうですが、歯肉炎などの歯周病にはかかるそうで、その予防、改善のために、歯茎のマッサージをするトレーニングです。

遠くの人も判別出来る【ホッキョクグマ】休み時間のささやかな娯楽とデナリのプール遊び Polar Bears &Seals

今日の様子です。リラとデナリはよく遊んでいました。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました