スポンサーリンク

しろくまにっき 3672 それぞれの給餌スタイル


赤ちゃんみたい格好で草の上をごろごろしていたリラ。水からあがり、草の上で水気をきっているところです。放飼場には平らな草原ポイントがいくつかあり、その上を滑るように使っています。
(2020年9月11日(金)の日記です)


ホッキョクグマ館にやってくると、ちょうどリラがプールに入っているところでした。アザラシを追いながら、楽しんでいるようで、テンションも上がってきたのか、飛び込みもしていました。


プール遊びが終わり、草の上でスリスリ。お腹側は匍匐前進をしてこすります。


お座りデナリ。


飼育員さんが現れ、ヨダレを垂らしながらそわそわし始めるデナリ。この後給餌になりました。檻側屋外では、ペレットだけが床に用意されました。


ララは屋内給餌で、檻を挟んで飼育員さんと向き合いながらの給餌です。ララは伏せている状態で食べていたので、大丈夫なのかな?と思いましたが、最近のララは時々(伏せることが)あるようです。


食べ終わると、外を眺めるララ。広い放飼場に出るのかなと思い見ていても、結局は出ないララ。


リラの午後の給餌には、半分にカットされた牛骨が出されました(矢印)。見つけてもすぐには手をつけず、周囲のニオイを嗅いでいたリラ。他に隠された餌のニオイを探り、優先順位を考えているように見えます。牛骨はお気に入りの場所に運んでから、ゆっくり味わいます。

【ホッキョクグマ】赤ちゃんみたいにゴロゴロするリラは隠されたモノをニオイで探る Polar Bears Life

そんな午後の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました