スポンサーリンク

しろくまにっき 3617 リラとデナリそれぞれの枝の使い方


気温はさらに上昇し、札幌の最高気温は28.6℃。ジリジリとした日差しを受けて、よく歩いていたリラ。少し歩いたあとはプールでクールダウン。毎年夏になると、緑になるホッキョクグマの話題に触れますが、今の所、円山3頭に緑化は見られず、このままの白さをキープしてほしいものです。
(2020年7月6日(月)の日記です)


プールの底には枝が沈んでいたので、いつかのタイミングでもらったのでしょう。引き揚げ、持ちながら泳いでいたリラ。


もうすっかり見慣れてしまっていますが、リラの泳ぎは本当に美しく速い。潜水・浮上とも自在です。プールの水は藻が目立つようになりました。


ララは白菜をもらっていました。もちろん芯の部分まで食べます。


デナリも枝をもらっていました。デナリは口に咥えたまま仰向けになるという、変則技も見せてくれました。
仰向けになると、いつものように前足を胸元で動かします。


本格的に休みに入るデナリ。耳が折れているところに、ちょっと触れてみたい・・・

水中で枝遊びするホッキョクグマ『リラ』 『デナリ」は枝を咥えたまま仰向けに Polar Bears Life

ララが白菜を食べている様子、リラのプールイン、今日はデナリのカルメン♪。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました