スポンサーリンク

しろくまにっき 3543 見つからないブドウ


相変わらず、弾みをつけて反動で起き上がろうとしているデナリです。胸の被毛は、美しいまでにセンター分けになっています。スリムな夏の体型になっても、同様にして起き上がるでしょうか?
(2020年2月2日(日)の日記です)


プールでごろごろしながら、寝ながら遊ぶデナリ。


ララは放飼場のあちこちを、よく歩いていました。調子が良さそうです。


除雪された雪は、プールに降りる階段を塞ぐように集められています。降りようと思えば降りられるはずですが、今年のララは、降りないような気がします。


今日はマツの枝に、ブドウの粒が付けられましたが、なかなか気づけないリラでした。この後、何かの拍子に気づくか?カラスに気づかれるのが先か?というところ。


ある程度食べ終わると、途中で見つけた竹筒を洞窟の上まで運び、触りながら休憩。ちびちび飲んでる風です。


そのまま昼寝を始めました。足裏の毛は切りそろえたように短く、白っぽく見えるのが特徴。


1月30日(木)から、新型コロナウイルス対策のため、園内にアルコール消毒液が置かれるようになっています。ホッキョクグマ館の出入り口にも置かれています。

長距離すべりとブドウに気づけないホッキョクグマ リラ Polar Bears in snow

今日の様子です。長く緩やかな斜面を、滑って下りていったリラ。雪の季節ならではの遊びですね。

ホッキョクグマ館オープン初日 やっちゃったリラ  Polar Bear's new facility

ホッキョクグマ館オープニン初日、ララが運ぶマツの木を追いかける時も、滑って移動していました。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました