スポンサーリンク

しろくまにっき 3508 灯台下暗し


午後からの給餌では、大きな馬肉をもらっていたリラ。どこからともなく集まってくるカラスたちにも、余裕の反応です。(2019年12月19日(木)の日記です)


扉の向こうに見えるのは、サブ放飼場です。最近、扉を開放し、出入り自由になっている時間帯があります。


午後からの給餌で、長い枝が倒木に立てかけられ、オオナゴが1匹かけられました。いつもは地面に隠される魚が、頭上にあります。さて、どのような反応を見せるでしょう?


砂利の中に埋められていた牛骨を掘り出し、ガラス前の平坦なエリアに運んできました。
筒状の牛骨の中には、魚油が塗られています。今一番の大好物となっている魚油なので、リラはしばらく舐め続けていました。


丸太に隠されていた魚やスイカ、草の中に隠されていた馬肉を、次々に探し出して食べたリラ。


今日はさらに、凍らせた牛骨と魚も、すぐ後から登場。牛骨は、ガラス前から芝生の方へ運んで齧っていました。


アザラシのサブプールには、竹筒が浮いていました。時々遊んでいるかも。


ごはんの時間が近づくと、スタッフルームを覗き始めるアザラシたち。待ち遠しさが伺えます。


常連ハクセキレイがやってきました。足に絡んでいたものは取れたようですが、足運びはおかしいままでした。
羽根の色は、砂利と同化して、見つけづらくなります。


デナリの体も、プールの色と同化して、見つけづらい。(笑)

名探偵リラの落とし穴? ニオイを嗅ぎつけても探せない Polar Bear Lila

午後の給餌の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました