スポンサーリンク

しろくまにっき 3741 ガラス前のリラを満喫


年の瀬が近くなるせいか、寒くなってきたせいか、12月平日の来園者は少なく感じます。園内のどこを歩いても静か。おかげで、じっくりゆっくり楽しむことが出来ます。
(2020年12月11日(金)の日記です)


ガラス前で休み始めたリラ。右後ろ足のつま先は立てることが多いです。


冬に向け、少し体が大きくなった上、毛がとても長いので、さらに大きく見えます。


体についた脂肪、長い毛に包まれたおかげで、北海道の寒さなどは、まったく平気なのだと思います。


食後のデナリは、ちょっとご機嫌。冬のデナリの体の大きさも、立派なものです。


11月9日についたという、顔のハゲの部分から、少しずつ、少しずつ毛が伸びてくるので、いずれ見えなくなります。


手足を舐めた後は、おやすみなさい。


ララは、食後もよく歩きます。ララも毛がみっちり生えていますが、デナリ、リラほどは長くないですね。


隣の獣舎では、とわがまったりしていました。


冬囲いもされて、冬を迎える準備万端。デナリ舎前のコープさっぽろのトドックや、顔出し看板?も片付けられました。

次の春までさようなら。

【尊き時間】ホッキョクグマと目が合う Eyes meet with Polar Bear Lila

まったり過ごすデナリとリラ。食後はよく歩いていたララの様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました