スポンサーリンク

しろくまにっき 3653 怒ったデナリの機嫌が直ると


気温は高く、まだ真夏のような暑さながらも、お盆を過ぎると季節の移ろいを感じるようになります。木の葉の色が黄色や紅く色づくものが出てきます。札幌の最高気温は29.6℃。リラは休み場所を変えながら、次のごはんタイムを待っていました。
(2020年8月18日(火)の日記です)


中2階前で伏せて休むリラ。右後ろ足のつま先が曲がるところがリラらしい。時々、懐かしの授乳シーンを思い出します。


濡れた土の上を歩いたのか、足の裏が汚れていました。


飼育員さんを見つけたリラは、屋内へ直行せずに、わざわざ飼育員さんの後を追うように歩いていきます。この時は、屋内給餌だったようです。しばらくあとに屋内から出てきて、プールで用を足したあと、往復歩きを始めました。


デナリは屋内の檻越しに魚をもらっていました。もしかしたら、顎の傷を獣医さんに診てもらっていたのかもしれません。デナリはもっと食べたかったようで、魚が終わってしまうと、フーッと怒っていました。


それから30分後くらいに、いつものミンチごはんをもらい、ご機嫌も戻った様子のデナリ。


ララは、白菜、馬肉、魚を食べていました。


食後のデナリは、プールから丸太を引き揚げました。


腕が痒くなったデナリ。先日(8月15日(土))同様に、犬歯で掻いていました。


小枝をわざわざ体に乗せて、いつもの仰向けのポーズでくつろぐデナリ。そのまま顔をあげてこちらを向き、まるでギターの弾き語りのようでした。(笑)

怒ったホッキョクグマ【デナリ】機嫌が直るとギターを弾く?【リラ】は飼育員さんの後を追う Polar Bears Life

それぞれの午後の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました