スポンサーリンク

しろくまにっき 3550 リラのマリンスポーツ


ここ数日は夜間の気温がとても低く、前夜は−10℃程まで下がりました。そのため、ホッキョクグマ館プールには厚い氷が張り、今日はその氷を楽しんでいたリラです。
(2020年2月7日(金)の日記です)


白菜をプールぎわで食べ散らかしていたようで、その残りの白菜を食べていたリラ。


その流れでプールに入り、浮かんでいる大きな氷を割ったり、持ち上げたりして遊び始めます。


今日の氷は厚みがあるので、遊び応えがあります。


大きな氷をビート板のようにしたり、サーフボードのようにしたり。


乗ろうとするところは、流石リラです。


ガラス前の角のところに、一旦あがって休憩。水に顔を入れて、アザラシ側の様子を伺っています。飛び込むタイミングを計っているのだと思います。


プール遊びタイムは18分、角の滞在時間は18分くらいで、終了でした。


ララは屋内から出てきて、檻から周囲を見回し、そして屋内に帰っていくというコースを、何度か往復していました。


段差がなくなりつつあるプールの雪の上で、ゆっくり寝ていたデナリ。


プールの中洲にも雪がたっぷり積もり、そこで過ごすアザラシたちの姿を見ることが出来ます。左がエフで右がアズキ。遊び好きなアズキが、エフにくっついていますが、エフは我が道を行きたいようです。

氷のサーフボードで遊ぶホッキョクグマ リラ Polar Bear plays on ice surfboard

今日の様子です。水の中で、氷を頭で割ったり、乗ったりする行動を見られる施設というのも、世界でも限られているのでは?と思います。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました