スポンサーリンク

王子動物園のネコの日イベントで猫のみなさんにおやつプレゼント


2月22日はネコの日。王子動物園で恒例行事となっているネコの日イベントが、今年は前倒しで2月16日(日)に実施され、タイミング良く参加することが出来ました。イベントのトップバッターは、ボブキャットのソラ(メス)。ボブキャットを観られるのは、現在、国内では王子動物園だけだそうです。どのネコ科たちも、それぞれ特徴があり、美しく可愛いです。


入園すると、イベント内容が書かれた紙が置かれていました。


朝からあいにくの雨のため、ガラス面は全て雨粒だらけでしたが、イベント開始直前にスクイジーをかけてもらい、すっきりと観覧出来ました。ソラのおやつは、肉球の形に置かれた馬肉。お客さん側に見えるように、少し斜めに作られた台に、担当さんの工夫を感じました。肉はかなりの量があり、全部食べられるのか?と思ったら、やはり多かったようで、残していました。後から、お気に入りのサッカーボールももらっていました。


2番目はジャイアントパンダのタンタン(メス)です。ジャイアントパンダはクマ科ですが、中国語では大熊猫と呼ばれ、猫の名がついているからでしょう。イベントは屋内で行われました。


氷のお皿の上には、くり抜きニンジンの中にりんご、マスカット、ペレットをふやかしてパンダの形に固めたもの。


たけのこももらっていました。


3番目はレッサーパンダのジャズ(オス)におやつのプレゼントがありましたが、アムールヒョウと時間が重なるため、観られませんでした。レッサーパンダは中国語で小熊猫。


4番目は、三つ子のアムールヒョウたちに、馬肉のおやつと、浮きとタイヤで作ったおもちゃをプレゼント。


三つ子は2019年7月29日生まれのスク、ラム、トライ。人工哺育で育ちました。


オスのトライが、弾けて遊んでいました。


5番目はレッサーパンダの野花(メス)に、おやつのプレゼント。雨が降っているので、屋根の下で、大きなりんごをもらってました。


最後はジャガーのアトス(オス)に、馬肉や手羽先のプレゼント。ガラス面ギリギリまで来てくれるのは、こんな時くらいしかないかも。水に入っていた落ち葉を、一生懸命にすくおうとしていました。

ネコの日イベントで猫たちにプレゼント 三つ子のアムールヒョウ・大熊猫・小熊猫にも

2020年2月16日(日)に行われた、ネコの日イベントの様子です。三つ子のアムールヒョウたちは、遊びたい盛りで活発でした。年に1度の楽しいイベントですね。

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました