スポンサーリンク

銘菓 名古屋コーチンってどんなお菓子?


銘菓名古屋コーチン! 名古屋城と、地鶏である名古屋コーチンのリアルなイラスト。純和風な感じもするパッケージです。さて、どんなお菓子でしょう? 名古屋コーチンの卵を使った(名古屋城の)瓦せんべいか何かかな?


箱を開けると、名古屋コーチンらしき包みが9つ並んでいます!


同じ包み紙のはずなのに、紙の曲がり方で、なんだか個性豊かな表情に見えて、面白い!
胸には名古屋コーチンと名前も入っています。


羽と尾も名古屋コーチン風に描かれています。


中に入っていた銘菓名古屋コーチンのしおりです。
銘菓名古屋コーチンは、かわいい鶏の形のお菓子でした。


どこかで見たことあるような形ですが、かわいい鶏の形のおまんじゅうです。

おまんじゅうの中身は黄身餡。鶏卵を全重量中3.7%使用し、そのうち6%が名古屋コーチンだそうです。
黄身餡の中心部が少ししっとりした風味になっていて、おいしいです。


重さは28g。東京のひよ子よりも、やや小ぶりです。


製造は、名古屋の(株)長登屋。


100g当たり340kcalなので、1個(28g)あたり95.2kcal。1箱9個入849円(税込)
パッケージイメージとは少しギャップのある、可愛い美味しいお菓子に、驚かされました。

 

以下、これまで出会ったひよ子他 ちょっと似ているお菓子も

ひよ子サブレー
銘菓ひよ子
雛羊羹
ひよ子プチデザート
塩ひよ子
トロワアンプレス ショコラひよ子
「L’UNIQUEひよ子」の纏衣ひよ子
創生100年記念菓 東京お芋ひよ子
東京名菓ひよ子の冬箱
ひなまつりひよ子
名古屋コーチン
朱鷺の巣ごもり
かわいいことりのふっくらおやつ

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました