スポンサーリンク

旭山動物園のホッキョクグマ「ピリカとゆめ」親子で過ごす最後の日

2021年12月10日(金)、ホクト(オス)とピリカ(メス)の間にゆめ(メス)が誕生しました。それは旭山動物園にとっては40年ぶりのホッキョクグマの繁殖成功。日本で初めてホッキョクグマの繁殖に成功したのは旭山動物園ですが、40年も月日が空いてしまい、待ちに待ったお久しぶりの朗報でした。そのゆめも順調に生育し、まもなく2歳になろうというタイミングで独り立ちすることになり、2023年11月30日(木)は親子で過ごす最後の日となりました。
ゆめは12月1日(金)に旭山動物園を出発し、12月3日(日)に神戸市立王子動物園に到着予定。

ハッピー

 

 

 

 

 

 

ゆめ誕生の40年前に生まれた個体はハッピー(メス)1981年12月8日生まれ。ギリギリ会うことが出来ましたが、2007年7月15日に25歳で亡くなっています。ララ・ルルのお父さんの妹です。
ゆめもこれから先30年近い生涯の中で、どんな生活を送り、どんな出会いがあるのか、今日がその大きな一歩となる日かと思うと、「がんばれ、ゆめ」と応援したくなります。

旭山動物園では、お別れ会というようなイベントはありませんが、充分に想いの込められた一日だったと思います。10時30分の開園と同時にほっきょくぐま館へ向かうと、親子はまだ出ておらず、2階のガラス面に蜂蜜が塗られていました。2023年2月の雪あかりの動物園で見た以来のハチミツ給餌です。ハチミツは透明で写真だと分かりづらいため、色を付けてみました。毎度素晴らしい担当さんの絵です。

ハチミツを夢中で舐めるピリカ(左)とゆめ(右)。再び見られるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。なるべくたくさんの人に見てもらおうという配慮でしょうか、スタートするまで少し待機時間がありました。

はちみつを楽しんだあとは、もらったばかりというピンクのボールで遊び始めたゆめ。
一番高い場所からプールに投げ、飛び込む大技も見せてもらいました。ピリカの子育ては一貫して見守る姿勢です。

泳ぎを覚え始めた幼い頃のように、ずっとプールで遊んでいたゆめ。疲れを知らない元気娘でした。

13時30分からは、ゆめにとって最後のもぐもぐタイムです。移動(麻酔)を控えているので、最後の日のもぐもぐタイムはあるかな?と思っていましたが、実施されました。夕飯も控えめながら用意されているようです。
もぐもぐタイムは2回実施され、1回目のガイドは通常バージョンでしたが、2回目はゆめの最後のもぐもぐということで、思い出話や王子動物園のこと、このあとのゆめの事などの説明を、担当さんの言葉で聞くことが出来ました。

もぐもぐタイムが終わったあとも、ゆめは遊び続けます。今日は授乳タイムを見られませんでした。(途中何度か他の動物舎に行っているので、その間に授乳があったかもしれません)

親子展示の最終日は、絶対時に混雑するだろうと覚悟して臨んだものの、意外にも空いていて、最近の平日通常通りの観覧が出来ました。休日でなかったこともあるかも。

まだ幼獣体型のゆめ。王子動物園でどんな風に成長をしていくのか、とても楽しみです。

午後からはいつの間にか増えていた、赤いポリタンク。展示最終日にかけては、たくさんの寄贈されたおもちゃが投入されていたようです。尚、ガイドの中でもお話がありましたが、王子動物園では食べ物やおもちゃの寄贈は受け付けていないそうです。
王子動物園HP

まもなく閉園時間。親子はこのあと、別々の部屋で夕飯を食べ、そのタイミングで分けられるということです。それを知っている来園者と、何も知らずいつものようにごはんを期待している親子。

一時は5頭のホッキョクグマが暮らす時期がありましたが、ホクトが円山動物園に移動し、サツキが亡くなり、ゆめが独り立ちし、12月1日(金)からはピリカとルルの2頭だけとなります。

この2年間の育児、本当にお疲れさま!のピリカ。ゆめを立派に育て上げた誇れるお母さんでした。もともと容姿端麗と誉れ高いピリカですが、子育てを経験したことで、より深みを増した美しい顔に成長を遂げたと感じています。
そのピリカも次の繁殖の計画があるとのことなので、近くオスも来園するのでしょう。人間界も動物界も目まぐるしく時が進んでいきますね。

隣の放飼場に出ているルル。最近は屋外にあまり出たがらないそうで、午前中は出ていないことが多く、出舎しても15時くらいになることがあるそうです。この日もやはり15時ごろに出てきました。
放飼場では檻際を往復歩きしたり、広くぐるりと歩いたりしています。

2023年11月30日(木)のピリカとゆめの様子を綴った映像です。ラストもぐもぐタイムの飼育員さんの解説もあります。

↓関連記事はこちら↓

コメント

  1. キルビル より:

    素晴らしい動画をありがとうございます。
    胸がいっぱいになりました。
    実は旭山でのゆめの見納めをすべく今月に予定を入れておりましたが
    残念ながら間に合いませんでした。
    王子に無事到着との報に安堵しつつ、彼の地での再会を楽しみにしたいと思います。

    • MAYUMAYU より:

      移動の2週間前の発表でしたからね・・・
      移動中の夜に津波注意報が出た時は、ほんと心配しましたが、
      なんともなくてホッとしました。
      次は神戸ですね。

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました