スポンサーリンク

レッサーパンダ帳 538 ギン快調復活


昨日は非展示になっていたギン。昨夕、動物病院から帰ってきて、今日は円実と親子同居復活です。


先日まで、ギンの顔がいつもと違うことが気になっていました。
検査の結果、歯周病のため、歯茎が腫れていたとのこと。今回左上の奥歯2本と右上の奥歯1本を抜歯。
かわいい顔も復活です。


抜歯翌日ですが、何事もなかったかのように、快調な歩みと食欲を見せてくれています。
昨日、術後のギンには、細かくした餌と、いつもの餌を用意されていたそうですが、当然どちらも食べたそうです。病院から帰ってきても、すぐに食欲旺盛さをみせたギン。3本も抜歯したら、少し柔らかい食事になるか?と思いましたが、餌の形状は変わりないそうです。


そんなことも、きっと知らないだろう円実ですが、いつも通り元気です。


日中は、屋外で親子同居していますが、夜間の寝室は別々になりました。
今は、採餌の量を確認したいためだそうです。夜間も同居するかどうか、今後の事は未定だそうです。
写真は、屋内ガラス展示場で夕飯を食べている円実です。
奥の寝室では、ギンも手渡し給餌で、パクパク食べていました。

並んで歩くレッサーパンダの隊列を乱す者とはRed Pandas walk side by side

生きていくには、歯の健康も大切。飼育下なら、ケアもしてくれますが、自分の歯で美味しく食べられた方がいいですね。ギンちゃん、くれぐれもお大事にね。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました