スポンサーリンク

しろくまにっき 3720 お帰りララ 改修工事ビフォーアフター


11月9日(月)〜13日(金)までの休園期間の間に、ララの放飼場の段差を減らす改修工事が行われ、無事完了。休園明けから、ララはいつもの場所に戻ってきていました。
(2020年11月15日(日)の日記です)


11月14日(土)から、入園時の検温がスタートした円山動物園。


改修が終わった箇所その1。檻の寝室から、隣の放飼場に出るまでの段差が少なくなりました。
段差を減らす改修工事は、ララの負担軽減のために計画され、サポートクラブの寄付金60万で賄われました。工事は休園期間中の11月9日(月)~11月12日(木)に完了。13日(金)にはララを戻し、様子を観察されたということです。14日(土)から通常展示。

しろくまにっき 3717 改修工事前に一時移動したララ
2019年1月10日に足の不調が見られ、一時期(40日間)は療養のために非展示になっていたこともあるララ。はっきりとした原因は公表されていませんが、年齢による関節炎が疑われると...


放飼場側の出入りするポイントも改修されました。

改修された箇所その2。こぐまなら、堀に転がり落ちてしまいそうな感じも受けますが、最近さらに慎重な行動を取るララなら、大丈夫そうでしょうか。おそらくこの先の母子展示は、ホッキョクグマ館なのでしょうね。改修工事をされたことで、ここはむしろララ固定なのかな?


ララが快適になったと感じてくれたら嬉しいですね。でも一方で、適度な運動もしてほしいと思います。
改修工事は、今後も計画されているそうです。


休園明けから、ララの放飼場観覧エリアに、一部人止めエリアが設けられました。ホッキョクグマ館側からの雪下ろし場所となるため、早めに封鎖されたようです。


デナリプールも終了。旧世界の熊館のプールは、これで全て終了です。デナリは落ち葉を拾って食べていました。プール壁面の色と、デナリの毛色が同じ色に見え、ここで寝ていると気づかれない時があります(笑)。


休園前にはなかった、デナリの顔の薄毛ポイント! これは11月9日(月)の誕生日の時に、プレゼントのポリタンクをもらい、喜んで遊びつつ、テンションがあがったところで、扉で頭を擦っていたとか。擦れたところが黒く点々とハゲてしまいました。次に毛が生えてくるまで、しばらくこの顔です。


リラの午後の給餌は屋外で行われました。


今日もやってくるカラスたち。カラスは並んで見ながら、何を学び、何を企んでいるでしょう。リラはあまり動じず、マイペースに探して食べていました。


休園期間中に、アザラシプールの日除けネットも外されていました。

今日の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました