スポンサーリンク

しろくまにっき 3474 うっかりデナリ


水面に映る紅葉が鮮やかです。リラの被毛は、しばらく水に入っていないかな?と思われるほどに乾いていました。冬仕様のごとく、みっちり生えて、毛足も長めです。
(2019年10月24日(木)の日記です)


プールサイドをてくてくと歩くリラ。


午後の日差しを受けて、燃えるような円山。


小川の水流は止まっており、リラは小川にすっぽりとはまるようにして、休んでいました。
体の向きは、飼育員さんが歩く道が見える方向。


ガラス越しに、飼育員さんが歩いてくるのを見つけたリラは、後を追って歩いていきました。
その眼差しは、真剣そのもの。
このあと、給餌の時間となりました。


デナリには、給餌の他に、おもちゃも用意してもらいました。青いポリタンクと黄色い浮きです。
青いポリタンクは、上の前歯と下唇で挟んで咥えあげましたが、それだけではやはり不安定。うっかり堀に落としてしまいました。


ララには、白いキューブと塩ビ管が用意されましたが、ララは確認しただけでした。


少し水浴してあがったララ。ララ邸のツタの紅葉は、これからです。

小川にはまって休むリラ 飼育員さんの後を追う デナリのうっかりさん

今日のリラの給餌と、デナリ、ララのおもちゃの反応です。
3日前のフンの跡を清掃しているということは、また数日収容出来なかったということかな?

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました