スポンサーリンク

アミメキリンのユリカ 多摩動物公園から円山動物園に来園


2020年9月14日(月)、多摩動物公園からアミメキリンのユリカ(メス/2歳)が円山動物園に来園しました。テンスケ(オス/4歳)のお嫁さんです。しばらくの間は観覧規制がありますが、少し離れた場所からユリカの姿は観られます。屋外では柵越しに触れ合う様子も観られ、とてもほのぼのした空気が流れています。
ユリカ来園時と、公開時の様子、多摩時代の(ユルリ姉さんとの)写真もご紹介したいと思います。


ユリカは輸送箱に入って移動してくるので、その箱と獣舎入り口を繋ぐ通路を作る必要があります。9月10日(木)はその通路が作られていました。テンスケは近くでじっと見ていました。屋内では間近で作業風景を見ていましたが、落ち着いた様子で葉っぱも食べていて、大物になったなあと思います。


9月14日(月)16時過ぎ。ユリカが輸送箱に入って到着。てっきり幌で覆われているものだと思ったら、顔が出ていてびっくり。キリンのニオイがする・・・と感じたのは、このせいだったのでしょう。はじめましての瞬間です。獣舎屋内にいたテンスケも、集まってきた人の多さで、何かが起きることは察知していたと思いますが、可愛い仲間が来園して、嬉しいサプライズだったでしょうね。


来園と同時にキリン館は閉鎖されたので、しばらくユリカは非展示なのかなと思ったら、2日後の9月16日(水)から屋外に出始め、スムーズな展開でした。


屋内外ともに別居状態のユリカ(左)とテンスケ(右)ですが、挨拶し合っているのか、とても仲良さげ。


ユリカがテンスケのタテガミをはむはむするところは、特に好きです。


離れる時間もありますが、柵越しに傍にいる時間も長いです。仲間がいることは、何より嬉しく安心することでしょう。テンスケもユリカがいてくれることで、立派なオスに変身していきます。


ユリカは首を反らす仕草を見せます。


ひとの餌がよく見えるのか、ユリカの餌箱に首を伸ばしてばかりだったテンスケですが、最近は一緒に食べられる餌箱も設置してもらい、仲良く一緒に食べています。
【テンスケとユリカの誕生日】
テンスケは 2016年7月29日多摩動物公園生まれ (父カンスケ、母アオイ)
ユリカは 2018年7月12日多摩動物公園生まれ (父ジル 母ユーカリ)
どちらも多摩出身ですが、テンスケは、ユリカがまだ生まれる前の2018年6月13日に円山動物園に来園していますので、今回が初対面となります。


この写真は昨年2019年8月19日に多摩動物公園に訪問した際の写真です。ユリカ(1歳)がこちらに向かって歩いてます。2019年春に生まれた赤ちゃんキリン3頭も加わり、アミメキリンがいっぱい!でした。
右側に立っているキリンは、昨年2019年9月27日におびひろ動物園に移動したユルリ(メス/当時2歳)で、ユリカのお姉さんにあたります。(2017年1月31日生まれ 父ジル 母ユーカリ)


遠くの葉っぱを取ろうとしていたのか、首を伸ばしていたユリカ(1歳)。


もうユリカちゃんを探せ!の世界。


ペリカンたちとも同じ空間で過ごす多摩動物公園。大きなキリンがこんなに小さく見えるほど広大なスペースです。


ひとつの餌入れに集まると、こんな感じになり、実に壮観。ジラフ模様で目がチカチカしそうです。こんな素晴らしい環境で生まれ育ってきた、テンスケとユリカです。

アミメキリンのユリカ円山動物園に来園 テンスケと仲良く過ごす Reticulated Giraffe

円山動物園で、縁あって出会ったテンスケとユリカ。仲良く暮らし、どうか愛が結びますように。

↓関連記事はこちら↓

コメント

  1. MASAKO より:

    MAYUさん、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    テンスケの独り暮らしはずーっと気になっていて、いつお嫁さんが来るのかなと思ってましたが、遂にその時が!
    しかもお相手がテンスケの故郷、多摩動物公園のユリカとは!!
    私はよく多摩動物公園へ行くので、この知らせはとても嬉しいものでした。
    そしてテンスケとユリカ、実際会ってみると相性抜群❤️の予感ですね。
    もしかしたらテンスケは、懐かしい多摩の匂いをユリカから感じてもいるのかな。
    同郷のカップル、末永く幸せに💕なってほしいです。
    MAYUさんの写真や動画から、テンスケとユリカの良い表情を見て取れますね。
    ユリカがテンスケのタテガミをはむはむするところ、私も好きです。
    今後も、2人の様子をお願いします。

    • MAYUMAYU より:

      少しずつ円山の環境にも慣れて、自分のペースで過ごしている様子にも見えるユリカ。
      2頭の同居も、そう遠くはないかもしれませんね。
      近い将来が楽しみです。

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました