スポンサーリンク

しろくまにっき 3709 カラスを威嚇し追い払うリラ


ホッキョクグマ館に飛来するカラスたちの数が、最近多めです。冬から春にかけてよく見かけた2羽のカラスとは、また別の集団かと思われます。餌を持っていかれることは、よろしくないので、カラスに取られないように隠されたり、カラスが多い時には屋外給餌をやめて、屋内で給餌するケースもあるようです。
(2020年10月26日(月)の日記です)


今朝は朝の給餌に、餌の他に牛骨(大腿骨)をもらっていたリラ。ホッキョクグマ館南側の紅葉は終盤になり、落葉が進んでいます。


南側の壁際で、牛骨を味わっていたリラですが、カラスに取り囲まれた状態でした。しばらく牛骨を齧ったら、休みたいところですが、なかなか落ち着かず・・・


洞窟の中へ移動したリラ。牛骨を持っているわけではないのに、カラスはリラの傍にやってきます。


プールに入り、芝生ですりすりしていても、集まってくるカラス。カラスたちも、知能は高めなので、集団でリラをからかっているのでしょう。


ララは今日もよく歩いていました。


プールには落ち葉がたくさん飛んできており、水浴中に食べたりします。


最近は11月中にプールが終わることが多いので、今年のララのラッコも、そろそろカウントダウンに入りました。(旧世界の熊館のプールは、古い施設でもあり、冬期は水を抜かれます。天候にもよりますが、3月中に再開されます)


デナリは、遊びよりも食い気、そして昼寝という感じでした。

我慢の限界に達した【ホッキョクグマ】リラがカラスにマジギレした瞬間 Polar Bears Life

朝からお昼頃の様子です。リラがプールで齧っている牛骨は、今朝のものとは別のもの。今朝の牛骨は芝生の上に放置していました。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました