スポンサーリンク

しろくまにっき 3534 崖っぷちでまどろむリラ

そこは崖の上。相変わらずギリギリのラインで平気で過ごすリラ。雪が踏まれているこの場所は、いつもの寝場所にもなっていると思います。
(2020年1月24日(金)の日記です)


仮に堀側に落ちたとしても、今は雪が積もっているので、滑り落ちてびっくりするくらいかな? 人間が感じる「高い所は怖い」感覚は薄いような気がします。牛骨を爪にひっかけて、ごろごろとまどろんでいました。

今日の午後の給餌には、竹筒をツタで包んだものが用意されました。中には、デナリと同じミンチの餌とハチミツが塗られたようです。久しぶりのハチミツなので、しばらくペロペロと舐めていました。

間もなく閉園時間。デナリは堀で寝そべりながら、黄色いエッグボールで遊んでいました。夜中もこうしてこっそり楽しんでいるでしょうか。

遊び終えると、寝場所探し。雪をかいて場所を整えます。快適な場所を求めて、あちこち巡ります。

上手く寝床が作れたら、ドサッと横になって休みます。雪の上なら、倒れ込んでも痛くなさそうです。この冬のデナリは、本当に体が大きいです。

崖っぷちのまどろみ ホッキョクグマは高所も平気 Polar bears are alright at high places

今日の午後の様子、リラの給餌の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました