スポンサーリンク

ユキヒョウ物語944 キャットウォーク完成


ユキヒョウ舎の屋外放飼場(メイン1)に、新しく木材の台が設置され、今日からお披露目となりました。湿った雪が降る寒い中、歩いてみせてくれたのはシジム(メス/10歳)でした。


11月の第2週(11月9日~13日)の休園中に、放飼場がリニューアルされており、砂地の半分くらいに石が敷き詰められました。


個体紹介も新しくなっていました。


メイン放飼場、建物の屋上部分の縁は、今までも上がって歩いていましたが、今回新たに台を設置されました。


幅が広くなったことで、より安全にということでしょうか。


危なげなく歩いて見せてくれたシジム。今日は少し雪が積もったので、足についた雪を払いながら歩いていました。


朽ちていた木も外され、木組みも一新。これからはどの丸太をペロペロし始めるでしょうか?

屋外放飼場メイン2の方には、昨年のうちに台が設置されており、皆の休み場所になっています。写真はコハク。


メイン1のキャットウォークを歩く、アクバル(写真)、コハクも見てみたいですね。

今年は、さっぽろ円山動物園サポートクラブで集まった寄付金で、ユキヒョウの体重計が購入され、それぞれの体重が公開されています。

ユキヒョウ舎に新設キャットウォーク完成 シジムの降り方が可愛い Snow Leopard

製作風景や今日のシジムウォークの様子です。キャットウォークに架けられた橋は杉の木。慎重に小股で降りていくシジムでした。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました