スポンサーリンク

ホッキョクグマ オホトの訃報


2021年2月28日(日)、アドベンチャーワールド(和歌山)のホッキョクグマ、オホト(メス/29歳)が腎不全で亡くなったとのこと。1月24日に八木山動物公園のナナ(メス享年36歳)が亡くなったばかりで、またもや寂しくなります。
アドベンチャーワールドHP 28年の長い間 たくさんのSmileをありがとう メスのホッキョクグマ死亡のお知らせ


2015年、2018年、2019年と訪問出来ましたが、オホトは額のあたりが薄毛になっている時がありましたね。バックヤードがどうなっているのかはわかりませんが、太陽の光を受ける場所があったのでしょうか。訪問する度に、気になっていました。


オホトは、1991年11月15日にエディンバラ動物園で誕生。エディンバラ動物園も以前はホッキョクグマを飼育していたそうですが、現在は飼育していません。エディンバラ動物園は、英国で唯一パンダのいる動物園、世界最大級のペンギンコーナーを目玉にしていますが、パンダの契約期間も間もなく満了となるそうで、どうなるでしょうか?


1993年2月に アドベンチャーワールドに来園以降、6回10頭を出産したというオホト。初産で誕生し、3ヶ月で亡くなった赤ちゃんは、剥製で展示されています。
2000年2月3日  2頭出産(出産直後に死亡・生後3か月で死亡)
2000年10月  2頭出産(出産直後に死亡)
2002年 1月  2頭出産(出産直後に死亡)
2005年 3月  2頭出産(生後2日・生後2週間で死亡)
2009年10月13日  1頭出産(メス4歳で死亡)
2013年11月21日  1頭出産(オス現在7歳)


最後に会えたのは2019年、27歳のオホト。


もう一度会いたかったですね。どうか安らかにお休み下さい。
血を受け継いだ息子くんの健康を見守ってあげて下さい。

ありがとう【ホッキョクグマ】オホト 在りし日の姿を偲びます Ohoto the Polar Bear

在りし日のオホトの様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

  1. Mikiko より:

    アドベンチャーワールドのオホトさんが亡くなって、本当に寂しいです。
    最後まで名前で呼んでもらえませんでしたね。
    会いに行くと太陽のない展示場で冷遇されるホッキョクグマと、名前を公募され優遇されるパンダ…。
    なんだかとても悲しくなる施設です。
    オホトさんどうぞ安らかに、ありがとうございました。

  2. とんとん より:

    アドベンチャーワールドは行ったことありませんが、皆さんの動画を見る限り、やはり利益優先のせいか、客寄せには力を入れてるけど動物にはストレスだろうと思うことがしばしばです。 
    パンダのレンタル料が半端ないですもんね。

  3. とんとん より:

    この、剥製も嫌です。今どき剥製を喜んで見る人がいるのでしょうか?

    アドベンチャーワールドに対してで、ブログ主様のことではありません。

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました