スポンサーリンク

しろくまにっき 3630 雨の夕暮れは枝を持ちながらまったりとリラ


午後の給餌が終わったあとは、堀にせり出した岩の上でまったりと過ごしていたリラ。雨に濡れても、特に気にすることもなく・・・。
(2020年7月21日(火)の日記です)


デナリは、飼育員さんが来るのを待っているようで、あっちこっちとキョロキョロ見たり、ニオイを嗅いだり。どこから飼育員さんが来るのか楽しみですね。


プールから上がったリラは、どうやら飼育員さんのニオイをキャッチしたらしいです。午後の給餌の順番は、リラが先でした。


リラの次はララの番。今日はニンジン、魚、馬肉をもらっていました。


広い放飼場への扉は開放されていますが、ララは相変わらず檻側(屋内)にいる時間の方が長いです。


午後の給餌、最後はデナリの番。いつものごはんをもらいます。


ごはんが終わり、間もなく閉園という時間。リラは枝をお供に、まったりタイムです。


小さな頃から、休む時には何か手元に持っていたいリラです。


閉園間際には、雨が強まりましたが、全く動じず。


繁殖期である春先から今まで、ゴマフとゼニガタは別飼いされていましたが、7月19日(日)から再び同居し、メインプールとサブプールの行き来が自由になりました。(写真はゴマフのマシロ)

雨でしっとり美しいホッキョクグマ【リラ】順番にきれいに食べる【ララ】 Polar Bears Life

午後の3頭の様子です。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました