スポンサーリンク

しろくまにっき 3616 デナリに見つかるスズメ危機一髪


気温は昨日よりも5℃以上上昇し、最高気温は27.5℃。全面開園されて以降初めての日曜日の園内は、とても賑わっていました。ホッキョクグマたちにとっても厳しい夏の到来です。水に入ったり、日陰に入ったり、冷房の効いた室内に入ったりして、凌いでくれればと思います。
(2020年7月5日(日)の日記です)


陸でも水中でも、体を掻く様子がよく観られる夏。昨年もそんな傾向だったような気がします。


15~20分くらいおきに水に入り、数分で上がる。を繰り返す日中。やはり暑く感じているのだろうと思います。


水からあがると、すぐに毛は乾きます。こうして隙間から飼育員さんがやってくるのをチェックするリラ。今日の飼育員さんはヤンマーを使って作業されていたので、その走行音のチェックも欠かさないリラです。

 


もしや(ごはん)?と思うと、屋内まで行ってチェックをしています。


デナリも日向をよく歩いていました。リラほど頻繁にはプールに入りませんが、何度か入っている様子です。

ヤナギを咥えて泳ぐホッキョクグマ「リラ」 「デナリ」に見つかったスズメ危機一髪 Polar Bears Life

お昼の給餌中にスズメを見つけたデナリ。おそらく狩ろうとは思ったでしょうが、逃げられました。獣舎の天井部で、毎年スズメが営巣をしている関係で、頻繁にお目にかかる鳥です。リラはヤナギの枝を咥えてカルメン。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました