スポンサーリンク

ヒマラヤグマ「ミナミ」の訃報


プールの縁に寄りかかって休む在りし日のミナミ。クマなんだけど、動作がポヤンとしていて、くまのプーさん的な癒やしを感じたヒマラヤグマのミナミです。3月からふらつくなどの行動が見られ、検査、治療を受けていていましたが、残念ながら亡くなってしまいました。26歳2ヶ月でした。詳しい死因については調査中とのこと。
円山動物園HP ヒマラヤグマ「ミナミ」が亡くなりました
円山動物園HP ヒマラヤグマ「ミナミ」の治療について


ミナミは(左)は・・
1995年1月10日 阿蘇カドリー・ドミニオン生まれ
2000年10月10日 円山動物園に来園
2012年10月26日 世界の熊館からアジアゾーンに引っ越し
2012年12月12日 アジアゾーンOPEN
2021年4月4日  死亡(享年26歳2ヶ月)


世界の熊館で、投げ入れてもらったニンジンを食べていたミナミ。


ミナミ(左)とトモ(右)は、単独行動していたり、一緒に何かをしていたり。


昔は自然風に岩が並べられていたプール縁でしたが、その上をスイスイ歩いていたミナミ。おそらく歩けないように岩場設計にしたのかな?と勝手に想像しましたが、動物は超えてきますね。


現在のフラットな縁以上にデンジャラスですが、そこを歩いてしまうのですから、やはりクマに高所恐怖症はないのでしょうか?

                   トモ(前) ミナミ(後ろ)


息荒くエスカレートさせながら、じゃれていたのか?喧嘩していたのか? トモ(上)ミナミ(下)


何かにもたれかかりながら座る姿は、以前からよく見られていました。どちらもミナミ。春夏に比べ冬は毛が長くなるのも、よくわかりました。

場所の取り合い、モノの取り合い、よくもめていましたが、でもなんだか楽しそうでした。


前担当飼育員さんが麻袋に描かれた2頭の特徴。口吻部分の感じ、胸のV字模様の違い。


今日、獣舎前に貼られた訃報。


今日もトモはいつもの場所で、たくさんの麻袋の上ですやすやと寝ていました。もうミナミのぬくもりを感じることはないのですね。園内には、死に別れて、現在独り暮らしの個体も結構いて、皆淡々と受け入れているのかなあなどと、いろいろ思うこともあります。トモには、これからも健康で長生きできますように、太りすぎず、でも時々は美味しいものももらって、穏やかに過ごせますようにと願います。

ありがとう【ヒマラヤグマ】ミナミの思い出集 Asian Black Bear Memories

ミナミの思い出も数々ありますが、一部を集めてみました。

過去のヒマラヤグマの記事はこちらから↓

コメント

  1. しろくま好き秋田人 より:

    この社会状況がおさまったら円山へ・・・と、トモとミナミに会うのを夢見ていました。
    悲しいです。
    寿命あるのが生き物だと分かっていても、つらいものですね・・
    宮の森さま、いつも近くで彼らを見守ってくださって、ありがとうございました。
    ともが、あまり落ち込まず、元気でいてくれることを願っています。

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました