スポンサーリンク

多摩動物公園へ


車両


今日は、4ヶ月ぶりの多摩動物公園へ行ってきました。
日中の気温は30℃くらい。
土日の気温が高すぎだったので、30℃でも涼しく感じる自分が、もうおかしい・・
山の木陰に入り、風が吹けば、随分気持ちがいいものです。
夏は、せめてこれくらいがいい。
多摩動物公園行きの電車が、衣替えをしていて、新鮮でした。
以前の電車はこんな感じ→京王動物園線(2016年4月14日)


ピンク


ピンクをベースに、動物たちが描かれています。


京王


子どもたちが喜びそうなデザイン。



フラミンゴシカ


トラゾウ

内装は、以前と変わらないようです。
フラミンゴ、シカ、トラ、ゾウの車両があります。


ジャイアント


いつも訪問しても、動物の飼育エリアしか回らないのですが、
今日は、正門から入り、すぐ左手にある、動物ホールに入ってみました。
そこには、なんと、カンカンとランランの剥製標本があったのです。
思わず、本物ですか?と確認してしまいました。(もちろん本物)


個体


当時の話題性も、大変なものだったと思います。


ランラン


メスのランランです。
目の周りの黒い模様の形がいいですね。
パンダをこんな間近で、じっくり見ることなど、ほとんどないでしょう。
亡くなってから40年経つというのに、とてもきれいで、愛らしく保たれています。


カンカン


こちらはオスのカンカン。
この2頭の標本は、国内の施設に貸し出される期間もあったそうです。
上野のパンダが、標本になって多摩にいるというのも意外でしたが、
同じ東京都内で、落ち着いて見られる、貴重な資料ですね。


ショウヘイ


標本だけでなく、もちろん生きた動物たちにも、たくさん会ってきました。
今回、一番会いたかった、アムールトラのショウヘイくん(生後6ヶ月)にも、無事会えました。
(名前の由来は、大谷翔平選手)
立派に成長していますね!


コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました