スポンサーリンク

ライオン日記 405 地面の上で昼寝と新しい展示


雪が解けて屋外タイムも満喫出来るようになってきたリッキー。掃除や作業などの時以外は、基本的に扉は開放されているようなので、出入りはリッキーの自由になっています。


4月1日(木)、ついに屋外の下の土の上で昼寝を始めましたね。少し風が強く、人間には肌寒いと感じたのですが、日向の地面は居心地がよいのでしょう。


口には少し砂がついています。時々寝返ったりしているのでしょう。足も組みかえたりしています。


フキノトウがぽこぽこ顔を出す季節。


先月、ライオン舎ガラス横に、黒いボックスが設置され、何が展示されるのかな?と思ったら・・・


頭骨標本が展示されました。シマウマとライオンが並べられ、草食獣と肉食獣との違いがわかります。


その横に実物がいると、イメージしやすいですね。


昨年、サポクラの寄付金で、ライオンとブチハイエナの体重計が購入され、トレーニングにより、それぞれの体重が計測出来るようになっています。初めて体重計測された3月4日のリッキーの体重は130kgだったそうですが、3月下旬には123kg。高齢ということもあり、小さめですね。ライオンとハイエナ舎の屋内展示場前に、今の体重が掲示されています。
円山動物園HP ライオン・ブチハイエナの健康管理のための体重計がほしい!


低燃費で健康にね。

【春眠】土の上で爆睡ライオン 巡回しながら何か言ってます Lion sleeps and roars

のんびり昼寝しているリッキーの様子です。マーキングする場所は、だいたい決まっています。

↓関連記事はこちら↓

コメント

おすすめの書籍


       

       

タイトルとURLをコピーしました